バストアップに効果のあるツボには、女性ホルモンの分泌を促す「壇中(だんちゅう)」、乳腺を刺激してハリのあるバストにする「天渓(てんけい)」、バストと乳腺の発達を促進する「膺窓(ようそう)」があります。

MENU

バストアップに効果あるツボ

バストアップに効果のあるツボがいくつかありますがそのツボの位置はどこで、どのようにすればよいのでしょうか。

 

ツボ押しの効果

ツボを押すことは、バストアップマッサージよりも、短時間にでき、またクリームなども必要ありません。

 

  • ツボを押すことで女性ホルモンの分泌を促し、血行促進の効果もあります。
  • また、乳腺を刺激し、乳腺の発達を促すことでバストに脂肪がつきやすくなりバストアップ効果があります。
  • 血行促進効果で、肌の調子が良くなり美肌効果もあります。

 

バスト用クリームを使うマッサージも効果がありますが、素人がやると力を入れ過ぎてしまったり、やりすぎてかえって、小さくなるという場合があります。

 

ツボの位置が間違っているのではないかと心配ならば、そのあたりを一本ではなく広い範囲で押しても効果はあります。ツボによっては、痛いと感じるところもありますので、無理に力いっぱい抑えることはありません。
バストはデリケートなところですので、力いっぱい抑えて、青あざになるよなことがないようにします。

 

 

バストアップのツボ 「壇中(だんちゅう)」

だんちゅうというツボは、体の真ん中でちょうどバストの間のバストトップの同じ位置あたりにあり押さえて痛いと感じるところです。
このツボを刺激すると、女性ホルモンの分泌が良くなります。
女性ホルモンの分泌が良くなることで、乳腺を刺激し、バストアップ効果があります。
また同時に、肌のつやも良くなります。

 

ゆっくりと力を入れて3秒間押さえ、力を緩めるということを3回繰り返します。

 

 

「天渓(てんけい)」を押して、乳腺を刺激

てんけいというツボはバストトップのライン上で、バストの脇、助骨と助骨の間にあります。
乳腺を刺激しハリのあるバストにします。

 

親指で、バストを下から押し上げるような感じで3秒押さえて力を抜くということを3回繰り返します。

 

 

「膺窓(ようそう)」で、血行促進

ようそうというツボは、バストップの縦のライン上で、鎖骨と、バストップの真ん中あたりです。
バストの血行促進、女性ホルモンの分泌の促進、乳腺の発達の促進効果があります。
母乳の出を良くするツボでもあります。

 

人差し指と、中指でゆっくり軽く3秒間押して、力を緩めることを3回繰り返します。