質の良い睡眠が美しいバストラインを作ります。

MENU

質の良い睡眠をとる

バストアップのために心がけたい生活習慣の中に、睡眠があります。
適切な時間帯に質の良い睡眠をとることは、バストアップにとても良い影響を与えます。

 

質の良い睡眠をとることが、健康や肌に良い効果をあげることはご存知だと思いますが、バストアップにも非常に良い効果があります。

 

バストアップの為には、乳腺が発達・成長することが必要です。
そして乳腺を発達・成長させるのは、成長ホルモンです。

 

成長ホルモンは思春期に多く分泌されますが、成人してからも分泌され、身体の細胞を修復する働きをしており、乳腺の発達も促します。
この成長ホルモンは入眠後30分から2時間の間に分泌され、夜間22時から2時の間が、最も活発に分泌される時間帯です。

 

従って、22時から24時までの間に、就寝すると、ちょうど成長ホルモンが活発に分泌される時間に睡眠をとっていることになるので、睡眠がバストアップに良い効果をあげるのです。

 

ただし、睡眠をとっていても浅い眠りの時には、成長ホルモンは分泌されません。

22時から24時までの間に、就寝することは大事ですが、それと同時に質の良い睡眠をとることが大事です。

 

質の良い睡眠をとるためには、就寝前の3時間、食事やアルコールを摂取しないことが必要です。

 

摂取された食べ物は、食べたものの内容にもよりますが、2時間から3時間かけて消化されます。
そのため、消化が終わっていない状態で、就寝すると、内臓が休息することができず、質の良い睡眠にはなりません。

 

人間の体は、自律神経の働きによって、夜間は身体を休めるための体制になるので、就寝前には精神をリラックスさせて、ゆったりした気持ちで就寝することも大切です。

 

就寝前にゆっくり入浴したり、少し部屋を暗くして音楽を聴いたり、アロマキャンドルを焚いたりして、神経を休めるようにしましょう。

 

質の良い睡眠をとるためには、規則正しい生活と適度な運動、就寝前の過ごし方が大事です。
質の良い睡眠をとって、バストアップし、美しいバストラインを作りましょう。