ブラジャーを選ぶ時に最も大事なのは、カップのサイズです。

MENU

バストアップのためのブラジャーの選び方

バストの下垂を防ぎ、バストアップして美しいバストラインを保つためには、自分の体形と胸の形に適したブラジャーをつけることが大事です。

⇒ブラジャーをつける効果

 

  • ブラジャーの前の中心が浮いている
  • 動くとブラジャーがずり上がってくる
  • 背中にブラジャーが食い込んでいる
  • 脇の肉がブラジャーからはみ出ている
  • ストラップがずり落ちやすい

というような状態ではありませんか?

 

このような状態のうち、一つでも当てはまることがあれば、そのブラジャーは、身体に合っていないブラジャーで、バストを的確に保護していませんし、バストラインも美しくは見えていません。

 

ブラジャーには、2分の1カップ、4分の3カップ、フルカップという3種類のタイプがあり、それぞれに特性が違いますので、自分の胸の形に適したものを選びましょう。

 

胸が小さめの人、上がり気味な人には、固めのカップの上半分がカットされている2分の1カップが向いています。

2分の1カップは、下からバストを持ちあげて、高さとボリュームを出す効果があります。

 

胸が小さめ、バストが横に広がっている、乳房の間が離れているというような人には、胸を寄せる効果のある4分の3カップが向いています。

4分の3カップは、上の部分が斜めにカットされているので、胸の上部を押しつぶさないので、小さ目の胸の人でも、胸の谷間が演出できます。

 

豊かな胸で、胸の上部までボリュームのある人には、フルカップが向いています。

フルカップは、カップとストラップが滑らかにつながっていて、バスト全体を包み込みこんで、バストを支え、バスト全体を持ち上げる効果があります。

 

その他、皮下脂肪が多く、柔らかい肉質の人は、バストが流れて広がりやすいので、胸の周りの肉を寄せてあげる補正効果のあるブラジャーが向いています。

 

そしてブラジャーを選ぶ時に、最も大事なのは、サイズです。
トップバスト(胸の一番高い部分の円周)、アンダーバスト(胸の下の円周)を、正しい姿勢で計り、カップのサイズを選びましょう。